品川出張マッサージってどんなサービスなのか

品川出張マッサージってどんなサービスなのか

今まではマッサージを受けたいと思った際には、マッサージ店まで行く必要がありました。ですが近年、出張マッサージというサービスも登場してきました。このサービスは従来利用者がマッサージ店まで来店しなければいけなかったのが、逆にプロのマッサージ師の方から出張してもらうといったサービスになります。その出張先は、自宅や宿泊先のホテルの寝室が代表的なものになります。こうした場所は完全なプライベートな空間となりますので、マッサージ店よりもリラックスした気持ちでマッサージを受けることができるメリットがあります。それと自らマッサージ店に行く必要もありませんので、移動にかける時間も節約することができます。マッサージ店まで距離が離れていればいるほど来店するのが面倒くさくなります。ですが出張マッサージならばそうした移動時間を考える必要はありませんので、面倒くさくないです。自宅や宿泊先のホテルの寝室で寝間着のまま待っているだけで済みます。そして寝間着のままでなので、マッサージが終わればすぐに眠ることが可能です。

東海道五十三次の最初の宿駅だった品川

東京23区の南に品川区があり、品川区の北東部、目黒川が東京湾に注ぐところに品川があります。区域は西部の武蔵野(山手)台地や東部の沖積地、東京湾の埋立地で形成されています。なお、現在の品川区は昭和22年(1947年)に荏原区を合併して成立します。

江戸時代の品川は街道筋を除けば近郊農村が広がる地でした。南東端の鈴ヶ森には罪人の処刑場があるほど、人の少ない地域でした。それが、徳川家康の指示によって東海道五十三次の第一の宿駅ができると、大勢の通行客で賑わい出します。宿場町は歩行(かち)新宿・北品川宿・南品川宿に分かれており、本陣は歩行新宿に置かれていました。その後、薩摩藩士や僧侶が出入りするほどの遊郭の地として栄えます。

品川は古くから東京湾の漁師町としても発展します。明治5年(1872年)に新橋~横浜間に開通した日本最初の鉄道はこの地域の海沿いを走り、隣接する高輪に品川停車場が作られます。

現在の品川は電気や通信、精密機器などの機械工業が盛んで、京浜工業地帯の一角をなしています。一方、武蔵野台地は住宅地として発展し、大井の山王台、東五反田の池田山などは高級住宅地として知られています。また、JR目黒・五反田・大井町駅周辺や、東急武蔵小山・戸越銀座・荏原中延駅周辺は住宅地区の中心商店街となっています。